交通事故の加害者として弁護士に相談出来ること

自動車は、被害者にも加害者にもなってしまう危険がある道具です。
不幸にも交通事故の加害者になってしまった場合、弁護士の
どのようなことを相談できるのでしょうか?

覚えておくと便利です。早めに依頼する

まず一つ目は、逮捕・勾留時の取調べ対策です。
重大な事故を起こしてしまうと逮捕されて取調べは免れませんが、
その間、罪を追及する警察官に囲まれています。

そのため、自分に有利なことは何一つないために、比較的
重い罪になってしまう可能性も高いですが、弁護士
いてくれれば、それらの不安がなくなります。

二番目は、取調べ中に不利な供述調書を作成されないで済むことです。
こういったことが、功を奏して、不起訴処分や、刑事裁判回避、
執行猶予の獲得などを望むことかできます。

なぜなら、これらはその場での現場の裁量で決まることが多いからです。強い味方

そのため、交通事故の加害者になってしまったら、できるだけ
軽い処分にしてもらうことや刑務所に入ることがないようにする方法を
弁護士にだけは相談できます。